落下・衝撃試験装置と輸送環境記録計機材の専門メーカー

神栄テストマシナリー
神栄テストマシナリー

ニュース

衝撃試験機『PDSTシリーズ』発売のお知らせ

衝撃試験機PSDTシリーズは、弾性体(バネ)の張力を利用した衝撃発生機構を新規開発することで、高いメンテナンス性と小型化を両立し、 モバイル電子機器や車載用電子部品を対象とした衝撃試験機を2018年6月より発売致します。

ニュースリリースはこちら(PDFファイル:250KB)

製品ページはこちら

マレーシア関係会社による試験機の製造および販売の開始について

当社では、事業拡大の一環として、マレーシアの関係会社に試験機事業の対応体制を構築してまいります。第一弾として包装貨物用落下試験機の製造と出荷を2018年7月より開始いたします。

ニュースリリース:こちら(PDFファイル:150KB)

展示会 出展情報

神栄テストマシナリーは、以下の展示会に出展致します。

第5回鉄道技術展2017
日時 2017/11/29-12/1
場所 幕張メッセ
ブース F-26
展示会URL http://www.mtij.jp/
出展品 振動加速度計UHA / 小型3軸加速度ロガーAccStick / 簡易車輪直径測定器 / デジタルタイヤ測定器 / バックゲージ

展示会 出展情報

神栄テストマシナリーは、以下の展示会に出展致します。

第14回 総合試験機器展
日時 2017/9/13-15
場所 東京ビッグサイト東ホール
ブース T-10
URL http://www.cnt-inc.co.jp/test/
出展品 新型衝撃試験機 / 衝撃加速度校正システム / 小型3軸加速度ロガー AccStick
トヨタ計測ソリューションフェア2017
日時 2017/9/13-15 10:00 ~ 16:00
場所 トヨタ自動車本社 本館ホール
ブース K-111(名古屋科学機器様ブース内)
出展品 小型3軸加速度ロガー AccStick

小型加速度ロガー『AccStick®シリーズ』発売のお知らせ

当社は、高精度なケーブルレス計測を可能とする小型加速度ロガー『AccStick®シリーズ』を開発し機種展開してまいります。
その第一弾として、振動と衝撃の両方の計測へ対応する小型3軸加速度ロガー A01-16400を2017年6月より発売いたします。

詳細内容はPDF(PDFファイル:332KB)をご確認ください。

製品ページはこちら

AccStick

お問い合わせ先

神栄テストマシナリー株式会社 営業部 担当:石戸(いしど)
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦1丁目7-39 錦エムアイビル6階
TEL. 052-218-5472
FAX. 052-218-6110

お問い合わせ

AccStickのデモ機は当社にございます。

名古屋営業所の開設

この度、当社では下記のとおり名古屋営業所を開設する運びとなりました。東海地区のお客様に対し、密着かつ充実した営業活動を行っていくことで、お客様の満足度向上をはかってまいる所存です。

今後とも倍旧のご愛顧を賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

名古屋営業所 概要

名称:神栄テストマシナリー株式会社 名古屋営業所
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦1丁目7-39 錦エムアイビル6階
TEL. 052-218-5472
FAX. 052-218-6110
所長: 石戸 康嗣
営業開始日: 平成29年4月3日

包装貨物圧縮試験機CT-1000シリーズの販売について

当社は、包装貨物および段ボール箱の圧縮強度を評価するための圧縮試験機を開発し、2017年3月より販売開始します。

包装貨物圧縮試験とは、倉庫保管時に段ボール箱が圧縮される環境を試験機で再現させ、包装設計の安全性を事前に確認するために必ず実施されている重要な試験です。
その試験方法はJIS-Z0212「包装貨物および容器-圧縮試験方法」に規定され、一定速度の圧縮試験と、積み重ね荷重試験が行われています。

当社の圧縮試験機は、上記規格に沿った2つの圧縮モードによる試験が実施でき、PCとの連動による簡易操作とともに、計測データは電子媒体で管理保管できます。

本内容の詳細は、PDF(PDFファイル:332KB)をご確認ください。

包装貨物圧縮試験機 製品ページ

包装貨物圧縮試験機CT-1000シリーズ

お問い合わせ先

神栄テストマシナリー株式会社 営業部 担当:笹原(ササハラ)
TEL. 029-848-3571
FAX. 029-848-3572

お問い合わせ

当試験機のデモ機は当社にございます。

産業技術総合研究所との共同研究による衝撃校正システムの開発について

当社では産業技術総合研究所との共同研究により、衝撃校正に関わる各種ISOで規定されている振り子式衝撃発生装置と加速度計測装置の組み合わせにより衝撃校正システムを開発し、これを用いた衝撃校正技術を確立しました。
また、ISO/IEC 17025認定を取得したことで、ILAC・MRA(国際相互承認)のシンボルマーク付き校正証明書を発行することができるようになり、国際的に通用する信頼性の高い衝撃校正サービスを幅広く提供できる体制が整いました。

さまざまな衝撃評価試験の信頼性向上へ貢献していくとともに、今後、校正範囲のさらなる拡大と、本技術を活用した衝撃計測関連の新しい製品群とサービスの積極的展開を進めてまいります。

本内容の詳細は、PDF(PDFファイル:332KB)をご確認ください。

【国立研究開発法人 産業技術総合研究所 工学計測標準研究部門】
https://unit.aist.go.jp/riem/

衝撃校正システム

お問い合わせ先

神栄テストマシナリー株式会社 営業部
TEL. 029-848-3571
FAX. 029-848-3572

お問い合わせ

展示会 出展情報

当社は、以下の内容で展示会に出展致します。

第1回 名古屋 航空・宇宙機器 開発展
日時 2017/4/12(水)-14(金)
場所 ポートメッセなごや
ブース 第3展示館4-84(名古屋科学機器株式会社様ブース内)
URL http://www.aerotech-nagoya.jp/home/
出展品 新型輸送環境記録計、超小型加速度ロガーなど

お問い合わせ先

神栄テストマシナリー株式会社 営業部
TEL. 029-848-3571
FAX. 029-848-3572

お問い合わせ

高機能ハイエンド衝撃試験機の製品化

あらゆる製品は、その物流環境や使用環境において、落下衝撃事象に遭遇しており、製品破損や不具合の原因となっています。
近年、物流構造の変化やこれまでにない新しい使用コンセプトの製品開発により、製品が受ける衝撃の条件も様々に変化していることから、衝撃試験条件は多様化しており、この傾向は更に加速すると思われます。

弊社ではこの動きへ対応するための衝撃試験機の新機能を開発し、高精度、高機能が重要視される各種研究機関および大企業の試験センターに向けた新型ハイエンド衝撃試験装置AMシリーズを製品化し、最新の衝撃試験ニーズへの対応を実現しました。

これまで、当社では長年にわたり世界市場で実績と高い信用を持つ衝撃試験機ASQシリーズとMDSTシリーズを試験研究機関や大手試験所に提供してきました。
今回の4つの新機能を搭載した世界トップクラスの新型衝撃試験機は、従来のシリーズ名を継承させた「ASQ AMシリーズ/MDST AMシリーズ」とし、今後の当社のフラグシップ機種と位置付け、試験データの高い信頼性を必要とする国内外の試験機関や企業へ提案を進めてまいります。

ニーズ 新機能 概要
試験高速化 自動緩衝可変機構 これまで手動作業であった緩衝可変機能を自動化することにより、試験担当者の作業性の大幅改善と試験サイクルの向上を実現しました。
新型昇降機能 昇降機能を抜本的に見直し、試験テーブルを吊り下げ構造にすることで、従来機に比べて試験サイクルを2倍にしました。
試験条件多様化 高加速度構造 試験機の高さ構造設計を変更することで、従来機に比べて最大2倍(専用緩衝体利用時)の衝撃パルスを発生させます。
テーブルサイズの大型化 より大型機器を搭載するため、従来機に比べて設置面積が約1.8倍となる大型テーブルサイズ(2,000×2,000㎜)を選択可能としました。
MDST-500

お問い合わせ先

神栄テストマシナリー株式会社 営業部
TEL. 029-848-3571
FAX. 029-848-3572

お問い合わせ

展示会情報

TOKYO PACK2016では、多数の方にご来訪いただき、心より御礼申し上げます。引き続き、出展品に関する各種お問い合わせ等は、下記よりお願い申し上げます。

お問い合わせ先

神栄テストマシナリー株式会社 営業部
TEL. 029-848-3571
FAX. 029-848-3572

お問い合わせ

出展

包装貨物落下試験機 DT-20e、輸送環境記録計 DER-1000G-MEN、輸送振動試験機 BF-50UT、参考出展品

新型包装貨物落下試験機の開発

通販用などで需要が拡大している小型包装貨物の落下試験に必要な機能へ特化し、従来機種と比較して、設置面積は約1/8、重量は約1/4、またコストダウンも実現した新しい包装貨物落下試験機「DT-20e」を開発し、6月から販売開始致します。

従来、サイズやコスト等の課題で導入が難しかった包装現場(工場単位)へ設置対応できる普及型包装落下試験機として幅広い顧客に提供していきます。

製品詳細はこちらをご参照ください。

新型包装貨物落下試験機の開発

当社は、振動試験機メーカであるアイデックス株式会社(以下「アイデックス」)と業務提携の契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。

本提携により、物流事故の主な要因である落下・衝撃・振動など物理的なハザードを再現する試験装置を総合的に提案できる体制を構築することで物流分野における更なる事業拡大を進めてまいります。

詳細はこちら(PDFファイル)をご確認ください。

業務提携による物流分野の事業強化に関するお知らせ

当社は株式会社スリックと業務提携し、輸送や荷役など物流過程における衝撃・振動による事故や問題に対して総合的に解決提案できる機能を高め、物流分野の事業強化を進めていくことをお知らせいたします。

本件の詳細内容はこちら(PDFファイル)をご参照ください。

G-MEN製品情報はこちら

お問い合わせ先

神栄テストマシナリー株式会社 業務管理部
TEL. 029-848-3570
FAX. 029-848-3572

お問い合わせ

講演情報

日本NCSLI主催の技術フォーラムにて講演いたします。

フォーラム概要
日時 2015/11/10(火)10:00~17:00(懇親会あり)
URL http://www.ncsli-j.org/
場所 大田区産業プラザPiO 4Fコンベンションホール
アクセス http://www.pio-ota.net/access/
参加費用 4,000円/人
講演テーマ 計測器が物流中の落下衝撃で受ける問題と解決へのアプローチ

展示会出展情報

第13回総合試験機展「TEST 2015」にて出展いたしました。多数の方にご来訪いただくことができ御礼申し上げます。

TEST 2015
日時 2015/9/16(水)~18(金)
場所 東京ビッグサイト西ホール
出展ブース T-06
出展品 衝撃試験装置 ASQ-500、振り子式衝撃試験装置 PST-300、輸送環境記録計 DER-1000
プレゼンテーション情報
  • 日時:2015/9/16(水)10:15~11:00
  • 場所:展示会場内 特設会場C
  • テーマ:『製品と包装設計を合理化するための評価試験
  • 講演:神栄テストマシナリー
  • 日時:2015/9/16(水)13:45~14:30
  • 場所:展示会場内 特設会場D
  • テーマ:『機械的衝撃および落下試験の基礎』
  • 講演:神栄テストマシナリー

お問い合わせ先

神栄テストマシナリー株式会社 営業部
TEL. 029-848-3571
FAX. 029-848-3572

お問い合わせ

つくば本社業務開始

つくば市に神栄テストマシナリーの新社屋が完成し、業務開始致しました。

神栄テストマシナリー株式会社 つくば本社

住所:〒300-2657 茨城県つくば市香取台B47街区11画地
TEL. 029-848-3570(代表)、029-848-3571(営業部)
FAX. 029-848-3572

本拠点に営業部門、技術部門、製造部門、間接部門を集結させることで、よりよい製品・サービスを提供していきます。
修理校正、受託試験サービスも当拠点での対応となります。
今後とも引き続きご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

神栄テストマシナリー営業開始

2015年4月1日より神栄テストマシナリー株式会社として営業開始致しました。
詳細についてはこちらをご確認ください。

事業継承のお知らせ

平成27年4月1日をもって、『YOSHIDA SEIKI』ブランドで展開しております試験機および計測器事業を新設する神栄株式会社の100%出資子会社である神栄テストマシナリー株式会社が神栄テクノロジー株式会社から事業継承いたします。

事業移管に伴う事務手続きについては、別途ご案内申し上げます。今後とも引き続きご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

詳しくはこちら(PDF)をご覧ください。

  • 商号:神栄テストマシナリー株式会社
  • 営業開始:平成27年4月1日
  • 本社所在地:東京都足立区六町1丁目7番31号 ※
  • 代表者:柴田 真一
  • 資本金:5,000万円
  • 事業内容:衝撃試験機・落下試験機・輸送環境記録計等の試験機・計測器製造販売

※ 本社所在地は平成27年5月中旬に つくば市内へ移転予定です。

東京国際包装展へ出展致しました

東京国際包装展
会期 2014年10月7日(火) ~ 10月10日(金) 4日間
場所 東京ビックサイト 東ホール
出展ブース 6-13
出展品 衝撃試験装置 ASQ-500、加速度計測解析システム ショックマネージャー SM-500、輸送環境記録計 DER-1000
出展者プレゼンテーション 10月8日(水) 15:00-15:30
「包装設計を支援する新しいサービスの提案」
川口和晃

お問い合わせ先

  • 神栄テクノロジー株式会社 計測機器部
  • 〒108-0075 東京都港区港南一丁目6番41号 品川クリスタルスクエア11階
  • TEL. 03-5462-7526 / FAX. 03-5462-7528

生産性向上設備投資促進税制のご案内

生産性向上設備投資促進税制のご案内(YOSHIDA SEIKI 落下試験機 ・ 衝撃試験装置)

平成26年1月20日に産業競争力強化法(生産性向上設備投資促進税制)が施行され、国内で最新設備を導入すると、税制優遇が受けられることになりました。

経済産業省のHP

税制優遇内容

即時償却 または 税額控除 5% 平成26年1月20日~平成28年3月31日
特別償却 50% または 税額控除 4% 平成26年1月20日~平成28年3月31日

中小企業等については対象設備限定で、別途「中小企業投資促進税」において上乗せ措置が適用できます。

生産性向上設備投資促進税制のご案内

生産性向上設備投資促進税制のご案内 (PDF形式)

対象設備要件

※落下試験機、衝撃試験機は「先端設備」(器具備品)に該当します。

最新モデル 器具備品の場合、最新モデルの販売開始が6年以内であること。
生産性向上 旧モデルと比較し、「生産性」が年平均1%以上向上していること。
取得価格 器具備品の場合、120万円以上(もしくは単品30万円以上かつ合計120万円以上)

生産性向上設備投資促進税制のご案内

生産性向上設備投資促進税制のご案内 (PDF形式)

軽量落下試験機 DT-202およびDT-202TBはCEマーキングに適合しています

軽量落下試験機 DT-202およびDT-202TBはCEマーキングに適合しています。

軽量落下試験機 DT-202、軽量落下試験機 DT-202TB

東京支店移転のお知らせ

この度、弊社の親会社であります神栄株式会社及びそのグループの業容の拡大に伴い弊社東京支店も下記のとおり移転することになりました。

これを機会に、社員一同より一層お客様各位のご期待に応えるよう努める所存でございますので何卒倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

新所在地

  • 神栄テクノロジー株式会社 計測機器部
  • 〒108-0075 東京都港区港南一丁目6番41号 品川クリスタルスクエア11階
  • TEL. 03-5462-7526 / FAX. 03-5462-7528
  • ※電話・FAXともに変更となります
  • 業務開始日:平成25年11月25日(月)

お電話はこちら