落下・衝撃試験装置と輸送環境記録計機材の専門メーカー

神栄テストマシナリー
神栄テストマシナリー

ショックマネージャ SM-500

Shock Manager SM-500

ショックマネージャ SM-500

衝撃加速度計測に特化した加速度計測器

ショックマネージャ SM-500は圧電型、抵抗線型、アンプ内蔵圧電型加速度増幅器と高速A/D変換を内蔵し、USB接続でPCへの高速・簡易通信を実現しました。
表示が見易く、機能増強したモデルが完成。SR・SRS・3軸合成・変位解析などをするシステムです。SM-400の後継機種となります。

概要

高い信頼性を持つ新製品の開発に欠かせない、耐衝撃性や緩衝材料の解析評価を、簡単な操作で可能にする加速度計測システムSM-500が誕生しました。
Windowsの多彩な機能をベースに、ユーザサイドに立った操作性の良さ、多チャンネル対応やUSBの採用など、試験現場での取り扱いのしやすさをカタチにしました。

SMS-500 Ver. 2.0 新機能

新衝撃試験法の適応(大阪府立産業技術総合研究所と共同開発)
衝撃試験装置を制御し、新試験法の実施とデー処理を行う。
ASQモード(詳細試験)、MDSTモード(簡易試験)の2種類で構成する。
簡易条件設定
加速度計測のための計測条件設定が簡易に行えます。
SRSからの正弦半波逆算
SRSプロファイルを指定して、正弦半波の条件を算出します。
SRS任意トレランス表示
SRS解析時、テキストファイルからトレランスバーを読み込み、表示させる事ができます。
トレランスバーの自動セット
加速度波形、SRSのトレランスバーを自動的にセットさせ、合否判定を表示します。
別データの同時画面表示
同画面上に複数の加速度データ表示を共有させる事ができます。
SM-400データ閲覧
SM-400(1世代前の機器)の計測データも読み込めます。
対応OS
Windows2000 / XP / 7 (32bit, 64bit)

特徴

10チャンネルの加速度増幅器
(圧電型、アンプ内蔵圧電型、抵抗線型アンプ)
デジタルフィルタ機能
計測された加速度波形に任意のローパスフィルタを作用させることが出来ます。データ計測後でもフィルタ変更は可能です。
3方向合成加速度
包装貨物等を落下させたときの3軸発生加速度を合成することが可能
緩衝材評価
包装貨物内で発生した加速度から、変位波形を算出し、加速度-変位図を作成することで、包装緩衝材の効果を確認することができます。
SR/SRS解析
製品に発生する加速度は同一製品でも内部の部品毎に異なります。部品を理想バネモデルと仮定し、算出することで、製品に対する衝撃の影響を理解できます。
試験規格評価
衝撃試験を行う際、発生した衝撃パルスが規格に合っているかどうかを評価しなければなりません。SM-500では波形状にあった規格評価を行うことが出来ます。
連続試験処理
連続的に衝撃/落下試験を行う場合には、連続試験モードを使用することにより、各回のデータを自動的に処理することが可能です。
報告書作成
試験結果(加速度、SR/SRS、変位等)を任意に設定し、報告書を作成
演算機能搭載
衝撃試験では規定された衝撃パルスを発生させることが必要になります。SM-500では、試験加速度と作用時間、供試品重量を入力するだけで、衝撃試験の条件である落下高さ、緩衝体を選択し、試験を簡易に行うことが出来ます。

アプリケーション

  • 衝撃試験装置の制御
  • 製品落下時の加速度計測
  • ダメージバウンダリ試験
  • 包装貨物の緩衝材評価など

解析内容 3軸合成加速度表示

解析ソフトにより、落下試験等で発生した3軸方向の加速度を合成する事ができます。

3軸合成加速度表示

解析内容 緩衝材評価

包装貨物の落下時の製品に発生した加速度波形から反発係数、変位波形を算出できます(右図)。
また加速度-変位曲線を作成することで、発生した緩衝材の特徴を知ることができます。(左図)

緩衝材評価

解析内容 SR/SRS解析

発生した加速度をSR/SRS解析することで、製品のあらゆる部品に影響する加速度と変位を確認することができます。

<SRSとは>
衝撃応答スペクトル(SRS:Shock Response Spectrum)の名称の如く、様々な固有振動数のバネ-マスモデルに発生する加速度(衝撃応答:SR)の最大値を固有振動数毎にプロットしたもの。製品に与える影響の大きさを評価できます。

解析ソフトにより、落下試験等で発生した3軸方向の加速度を合成する事ができます。

SR/SRS解析

ハードウェア仕様 : Model SMH-12

型式 SMH-12
加速度増幅部※
(加速度ピックアップ種類)
抵抗線型 1チャンネル
電圧 1チャンネル(DC±10V)
圧電型 5または10チャンネル
アンプ内蔵圧電型 5または10チャンネル
A/D変換部 チャンネル数 最大12チャンネル
サンプリング速度 最高 1MHz
分解能 16bit
本体寸法 (mm) W150 × D200 × H200
電源 AC100~240V
通信インターフェイス USB1.1
使用環境 温度:0~40℃ 湿度:85%以下(結露なきこと)

※圧電型とアンプ内蔵圧電型は5チャンネル毎の組み合わせが可能

加速度増幅部 組み合わせ一覧

型式 組み合わせ内容
SMH-12-C5 圧電型5ch
SMH-12-C10 圧電型10ch
SMH-12-A5 アンプ内蔵圧電型5ch
SMH-12-A10 アンプ内蔵圧電型10ch
SMH-12-C5A5 圧電型5ch+アンプ内蔵圧電型5ch

加速度ピックアップ

使用可能ピックアップ例
形式 重量(g) 定格加速度
(m/s2)
測定周波数範囲
(Hz)
適用機材 メーカー
圧電型
2350 27 100000 1~25000 ショックマネージャ
SM-500
昭和測器
2358 12 50000 1~15000 ショックマネージャ
SM-500
昭和測器
2226C 2.8 20000 1~5000 ショックマネージャ
SM-500
ENDEVCO
ひずみゲージ型
TAH-5KMS 8 5000 0~3000 ショックマネージャ
SM-500
(株)テンサー

ソフトウェア仕様 : Model SMS-500

型式 SMS-500
計測機能 処理可能波形:正弦半波、台形波、のこぎり波、方形波、三角波
計測チャンネル数:12チャンネル
加速度測定範囲:1.0~980,000m/s^2(0.1~100,000G)
作用時間測定範囲:0.01~99.99ms
速度変化測定範囲:0.01~99.99m/s
測定誤差:±1%以下
デジタルフィルタ機能 各チャンネルで設定可能
自動処理(基本波形の5~20倍可変)
任意設定:0.01~10,000Hz(データ収集後でも任意変更可能)
評価機能 SR/SRS解析
基本波形の生成
変位解析
3軸加速度合成機能
データ出力 報告書自動作成(Word出力)、各データテキスト変換
推奨パソコン OS:Windows 2000/7/10(32/64bit)
メインメモリ256MB以上、HDD100MB以上の空き容量、CD-ROMドライブ、USBポート

お電話はこちら