落下・衝撃試験装置と輸送環境記録計機材の専門メーカー

神栄テストマシナリー
神栄テストマシナリー

輸送環境記録計 DER-1000

Field Data Recorder DER-1000

DER-1000

データ解析専用の輸送環境調査用加速度ロガー

輸送環境記録計 DER-1000 は輸送時に発生する3軸加速度と温湿度の計測を行うデータロガーです。 1GBの大容量メモリを搭載し、最長100日間の計測を実現しました。
計測データは専用ソフトウェアにて、落下高さ・PSD・ヒストグラム・輸送診断・PSD合成の多様な解析が行えます。また用途に応じたバージョン(High Spec/Normal Spec)を選択できます。

【関連サービス】
輸送ハザードデータベース輸送環境調査受託サービス(PDF)

特徴

  • 3軸加速度センサ、温湿度センサ内蔵
  • 最長100日※の長期計測可能
  • 1GBの高容量メモリ
  • ベタ取り計測可能
  • バージョン選択可能(購入時のみ)

アプリケーション

  • 輸送品質向上、管理のための調査
  • 包装貨物のための落下試験、振動試験規格の作成
  • 包装仕様改善のための輸送環境データ計測
  • 物流過程での問題点抽出
  • 製品のための環境試験データ取得
  • 物流トレーサビリティ
  • 輸送機関の振動・衝撃調査

DER-1000解析ソフトウェア High+, Normal+

追加機能(1) 「包装貨物内部衝撃追跡システム」(High+, Normal+専用機能)
輸送環境記録計 DER-1000と、なんつい※(ユーピーアール(株)社製)を併用することで、これまでGPSでは対応出来なかった包装貨物内部での位置計測と衝撃加速度をリンクさせることが出来るようになりました。
これにより、包装貨物がどこにいたときに、高い衝撃が発生していたかが一目で把握でき、輸送品質の管理、配送問題の抽出と改善などに貢献すると同時に、記録計の紛失防止にも役立ちます。

なんつい

追加機能(2) 「全加速度波形自動テキスト変換」(High+専用機能)
DER-1000で計測された加速度波形をテキスト(csvファイル)に変換する機能を追加しました。
DER-1000解析ソフトウェア上で解析できない特殊なデータ解析を行いたい場合、全加速度波形テキストデータがあれば、別解析ソフトウェアでデータ処理することで、各企業が独自で行っている解析に対応できます。
【DER-1000解析ソフトウェア機能一覧】
解析機能項目 機能内容 High+ High Normal+ Normal
解析機能 (1) PSD、ヒストグラム、落下高さ

仕様

型式 High Spec Normal Spec
メモリ容量 1GB 16MB
計測日数 ※ 最長100日 最長70日
トリガモード 加速度 / 時間 / Wトリガ 加速度
フレーム長 512 / 1024 / 2048 / 4096 1024 / 2048
サンプリング (ms) 0.25 / 0.35 / 0.5 / 1 / 2 / 5 / 10 / 20 0.5 / 1 / 2
加速度計測 3軸圧電型加速度センサ(加速度レンジ5/10/25/50G切替)
温湿度計測 温度:-20~60℃、湿度:0~100%rh
電源 9V乾電池 最大4本並列接続
通信インターフェース USB
本体寸法(mm) W121 × D109 × H58
質量(g) 950(電池含む)
ケース材料 アルミ製
ソフトウェア対応OS Windows 7 / 10(32 / 64bit)
動作環境(℃) -20~60(結露なきこと)
オプション GPSマッチング機能

※リチウム電池4本 25℃環境(計測設定条件に依存します)

PC解析ソフトウェア 基本画面

PC解析ソフトウェア 基本画面
情報 ポイント
発生時刻 異常個所の特定
加速度ピーク値 包装設計が適正かどうかを確認
加速度波形 衝撃発生の状況確認、落下高さ解析、PSD解析などを実施
温湿度 温湿度管理の確認など

PSD解析画面

PSD解析画面
情報 ポイント
PSD波形 共振周波数の確認、輸送機関別のスペクトルの差を比較など
RMS 振動レベルの大きさを確認など

お電話はこちら